January 9, 2012
by Junko
0 comments

福島:1周年を迎えるにあたり、今年も戻ります!

 昨年、5ヶ月間、福島に滞在し多くの農家さんを追ってきました。その最終日、二本松市の菅野正寿さんは、いつもカメラを向けているエドへ、カメラを向き変えてインタビュー。多くの人が避難している福島へ逆に入ってきたアメリカ人のエドに、福島での5ヶ月とそこに残り耕し続けることの意味を伝えようとする菅野さん。  福島からシカゴへ帰ってきてから福島の仲通りの米が基準値を超える問題や、ニュースにはならないが、自ら命を絶ってしまう農家さんの事など、出会った福島の農家さんから聞くようになる。「忘れ去られるのが怖い」「農民は加害者ではない」と必死に訴える福島の農家さん達の姿を今年も追う為、私達映画制作者は震災1周年に福島へ戻ります。そのために今年も映画制作資金を募るためシカゴでイヴェント開きます。 〜東日本大震災と福島第一原子力発電所事故:1周年を迎えるにあたり〜 福島で放射能汚染と戦い生きる農家の姿を描いた、ドキュメンタリー映画「超自然の大地」 Uncanny Terrain (英題)上映会&タツ青木とMiyumi Projectライブ演奏。 日程:2月5日2012年 時間:午後5時〜8時 場所: High Concept Laboratories office 1401 W. Wabansia, Chicago RSVP : uncannyterrain@gmail.com ドキュメンタリー映画 Uncanny Terrain 「超自然の大地」クリップ上映と  ライブ演奏 Tatsu AokiとThe Miyumi Project :午後 6~7 アート David Tanimura

July 26, 2011
by Junko
0 comments

「頑張っぺ福島」フォーラムにて

「頑張っぺ福島」フォーラムで上映した映像です。 ISL(institute for strategic leadership)の 野田智義 さんの発起により、東京にて本当に熱いフォーラムを行なっていただきました。これまでアップしてきた映像をまとめ、そこに銀嶺食品の大橋雄二さんへのインタビューを加えました。フォーラムには、大七酒造の太田英晴さん、ゆうきの里の菅野正寿さん、歌手のAVEさん、 福島コミュニティー放送の菅原節子さん、そして銀嶺食品のの大橋雄二さんという福島を代表するかのようなメンバーが集まり、「今の福島」をお話してくださりました。その中に私たちも加えていただき、現在制作中のドキュメンタリー映画についてエドと話しました。 100人定員のフォーラムにはおそらく150人以上は来ていたと思います。次から次へと追加される椅子に、このフォーラムを撮影をしていた私たちですが居場所が無いくらいの込みようでした!このフォーラムが多くの動きに繋がるように、また福島の人々がこれから面する多くの問題を他県も他国も皆が自分の問題として考えててもらえるように、私たちも継続して記録し続ける!というエネルギーを頂きまた、その励ましをいただいたイヴェントでした。

July 3, 2011
by Junko
3 Comments

原発から14キロ:酪農家吉沢さん、300頭の牛を諦めない!

6月26日に福島市で行なわれた脱原発マーチの壇上にたった一人の酪農家、吉沢さん。双葉郡浪江町に300頭の乳牛を飼う。事故後二本松市へ避難しても週一回14キロ地点の浪江の牧場へ戻り牛達に餌を与え続ける。放射能に汚染されているのは牛達だけではない。しかし、その上で牛を守り、自分も訴え続けると決めた吉沢さんの姿勢は確固たるものがある。 私の質問には、通常のメディアに答える態度と姿勢で淡々と答えてくれてた。そこから一歩、歩み寄り吉沢さんを長期で追いたい。複雑な環境と大変難しい現状に生きる吉沢さんの姿を追うには私たちも相当な覚悟が必要だと思うがとにかく訪ねるのみ。

飯舘村、原町、川俣、福島市

June 20, 2011 by Junko | 1 Comment

塙町から運転すること2時間。30キロ圏内が通行止めのため、どうしても山をまわり、30キロ圏内をまわらないと太平洋海岸沿いの原町へゆけない。また、原町へ行くのに、飯舘村、川俣と放射線量がとても高い場所を通り抜けねばならない。飯舘村へ近づくともちろんガイガーカウンターの数値がぐんぐん上がるが、緑の美しさと、村の豊かな自然に目を奪われる。同時に気味が悪いほど人気がない。同時に見受けられる猿や、狐などの動物。田んぼも作付けはしていない。同伴の吉田広明さんはいう「秋には草が伸びきって、来年は道も通れなくなるな」廃村という言葉がちらつくが、それでも人の気配がどこかで感じられる本当に美しい村。

福島市:ここでは、地ぱんで有名な銀嶺株式会社の大橋雄二さんとお会いする。すごいオーラをもち、福島に笑いのある食を齎そうと必死である。大橋さんは地元でもたいへんな有名人。地元の食材を使い、地元福島で自然なパンを作り販売する。大橋さんの生き方は一本筋が通っている。放射能汚染はおそらく大橋さんには影響しないんじゃないかと思うくらいのパワーで、福島を回復へ導くため心身ともにつぎ込もうとしている。こういう人が福島には沢山いるのだ。国も行政もなにもしてくれない、だから私たち市民が動く!と・・・頂いたパンは本当に優しく自然の味がいっぱいでした。

This gallery contains 7 photos

米農家:本郷さん「超自然の大地」

June 18, 2011 by edmkoz | 0 comments

鮫川町、福島県。本郷さんは無農薬米栽培をしてきた何十年。震災による原発事故の放射能汚染で今年は、減反し、今まで買ってきてきてくれたお客さんには、「浄化をするから ,米はつくりません」と自ら作付けを止めている。自分の食べる分だけは育て、残りの余った土地へはひまわりを植える予定。

昔ながらの古き良き木造立ての家と先祖様を敬う仏壇や写真が本当にしっくりくる家。壁から天井にかけて飾られていた木と桜色の餅の飾りは今年一年の豊穣を願うもの。減反しても、豊作を願う、買い手がなくても、良い米を作りたい。ひまわりが汚染を浄化してくれることを願っている。