January 23, 2013
by Junko
0 comments

アメリカ2都市 映像一部上映

2013年があけました。今年1月に入り、「超自然の大地」映像の一部がカリフォルニアとニューヨークで上映されます。アメリカの有機農業者団体は震災直後から福島の有機農業の行方に懸念し、福島の土壌に降りおりた放射能汚染を農業的な技術で浄化できるよう協力をしたいと訴えてきました。東海岸の有機農業者団体のメンバーは特に、福島第一と同じモデルの複数の原発を抱える地域に農場をもつ有機農業者が多く、福島でどのように汚染に対応し、回復するか?と、福島の農業の問題を自分達の問題として、これまで福島有機農業者の活動を見つめてきてくれた団体でもあります。昨年春に、東海岸の有機農業者に、映画の一部として、福島の農民達の汚染への取り組みの映像を見せました。多くの福島の農産物が、土壌が粘土質で腐食が多いため、驚くほど農産物に汚染が移行されない状況を映像と共に上映をしました。一般的に多くの方がこの状況を鵜吞みにして、即座には信じられないという中、有機農業者は、その農業をする者の土地と農産物と汚染の関係性を感覚的に理解しうるからなのか、福島の汚染が移行されにくい福島農産物の状況をとても心から賞賛し、まだ同時に彼らが「信ずる有機農業のあり方に再度確信を持った」と、福島の汚染後の農業の状況を誇りを持って受けとめてくれました。今年入り早速映画の一部でもいいから会議で上映をしたいというお声を頂き、以下の日程で上映が行なわれます。 国際農業者会議 1月22日 Urgenci 5th International Community Supported Agriculture Conference 東海岸有機農業団体ニューヨーク支部会議 1月25日〜27日               Northeast Organic Farming Association of New York’s 31st Annual Organic Farming and Gardening Conference      

January 9, 2012
by Junko
0 comments

福島:1周年を迎えるにあたり、今年も戻ります!

 昨年、5ヶ月間、福島に滞在し多くの農家さんを追ってきました。その最終日、二本松市の菅野正寿さんは、いつもカメラを向けているエドへ、カメラを向き変えてインタビュー。多くの人が避難している福島へ逆に入ってきたアメリカ人のエドに、福島での5ヶ月とそこに残り耕し続けることの意味を伝えようとする菅野さん。  福島からシカゴへ帰ってきてから福島の仲通りの米が基準値を超える問題や、ニュースにはならないが、自ら命を絶ってしまう農家さんの事など、出会った福島の農家さんから聞くようになる。「忘れ去られるのが怖い」「農民は加害者ではない」と必死に訴える福島の農家さん達の姿を今年も追う為、私達映画制作者は震災1周年に福島へ戻ります。そのために今年も映画制作資金を募るためシカゴでイヴェント開きます。 〜東日本大震災と福島第一原子力発電所事故:1周年を迎えるにあたり〜 福島で放射能汚染と戦い生きる農家の姿を描いた、ドキュメンタリー映画「超自然の大地」 Uncanny Terrain (英題)上映会&タツ青木とMiyumi Projectライブ演奏。 日程:2月5日2012年 時間:午後5時〜8時 場所: High Concept Laboratories office 1401 W. Wabansia, Chicago RSVP : uncannyterrain@gmail.com ドキュメンタリー映画 Uncanny Terrain 「超自然の大地」クリップ上映と  ライブ演奏 Tatsu AokiとThe Miyumi Project :午後 6~7 アート David Tanimura

July 3, 2011
by Junko
3 Comments

原発から14キロ:酪農家吉沢さん、300頭の牛を諦めない!

6月26日に福島市で行なわれた脱原発マーチの壇上にたった一人の酪農家、吉沢さん。双葉郡浪江町に300頭の乳牛を飼う。事故後二本松市へ避難しても週一回14キロ地点の浪江の牧場へ戻り牛達に餌を与え続ける。放射能に汚染されているのは牛達だけではない。しかし、その上で牛を守り、自分も訴え続けると決めた吉沢さんの姿勢は確固たるものがある。 私の質問には、通常のメディアに答える態度と姿勢で淡々と答えてくれてた。そこから一歩、歩み寄り吉沢さんを長期で追いたい。複雑な環境と大変難しい現状に生きる吉沢さんの姿を追うには私たちも相当な覚悟が必要だと思うがとにかく訪ねるのみ。

June 28, 2011
by Junko
0 comments

農作業:研修生とおばあちゃん

四季彩菜工房のおばあちゃんは、いわゆる畑のボスです。研修生を引き連れて、里芋を植えたり、大根の葉を取ったり。またすべて有機だから、里芋の大きさも大小差があれば大根葉も虫食いだらけ。でも味は最高。腰が90度に曲がっても、畑へ出る。毎日出る。原発が爆発した時、おばあちゃんの息子さん、広明さんは、家族皆を避難させていた。自分は避難せず、そしておばあちゃんも。広明さんはおばあちゃんに逃げるよう促したがおばあちゃんは、「犬が居るから」とそのままだったため、広明さんも避難せず滞在。そして家族もその後四季彩菜へ帰ってきた。現代では難しい3世帯家族が同じ土地に住む有機農家。

飯舘村、原町、川俣、福島市

June 20, 2011 by Junko | 1 Comment

塙町から運転すること2時間。30キロ圏内が通行止めのため、どうしても山をまわり、30キロ圏内をまわらないと太平洋海岸沿いの原町へゆけない。また、原町へ行くのに、飯舘村、川俣と放射線量がとても高い場所を通り抜けねばならない。飯舘村へ近づくともちろんガイガーカウンターの数値がぐんぐん上がるが、緑の美しさと、村の豊かな自然に目を奪われる。同時に気味が悪いほど人気がない。同時に見受けられる猿や、狐などの動物。田んぼも作付けはしていない。同伴の吉田広明さんはいう「秋には草が伸びきって、来年は道も通れなくなるな」廃村という言葉がちらつくが、それでも人の気配がどこかで感じられる本当に美しい村。

福島市:ここでは、地ぱんで有名な銀嶺株式会社の大橋雄二さんとお会いする。すごいオーラをもち、福島に笑いのある食を齎そうと必死である。大橋さんは地元でもたいへんな有名人。地元の食材を使い、地元福島で自然なパンを作り販売する。大橋さんの生き方は一本筋が通っている。放射能汚染はおそらく大橋さんには影響しないんじゃないかと思うくらいのパワーで、福島を回復へ導くため心身ともにつぎ込もうとしている。こういう人が福島には沢山いるのだ。国も行政もなにもしてくれない、だから私たち市民が動く!と・・・頂いたパンは本当に優しく自然の味がいっぱいでした。

This gallery contains 7 photos

米農家:本郷さん「超自然の大地」

June 18, 2011 by edmkoz | 0 comments

鮫川町、福島県。本郷さんは無農薬米栽培をしてきた何十年。震災による原発事故の放射能汚染で今年は、減反し、今まで買ってきてきてくれたお客さんには、「浄化をするから ,米はつくりません」と自ら作付けを止めている。自分の食べる分だけは育て、残りの余った土地へはひまわりを植える予定。

昔ながらの古き良き木造立ての家と先祖様を敬う仏壇や写真が本当にしっくりくる家。壁から天井にかけて飾られていた木と桜色の餅の飾りは今年一年の豊穣を願うもの。減反しても、豊作を願う、買い手がなくても、良い米を作りたい。ひまわりが汚染を浄化してくれることを願っている。

June 18, 2011
by edmkoz
0 comments

「超自然の大地」2週間目

福島県 いわき市 貝泊。自然と村が共存し、自給自足で暮らす農家が住む土地。地域のリーダー蛭田氏は、ここ何年もかけて小さな貝泊地区に多くの若 者を承知し、土地を提供し、農業で生きる生活を支援してきた。しかし原発による事故で、その半分の若者は貝泊から去り、今後もそ の傾向は継続する。地域リーダー蛭田氏と、貝泊を去ると決断した酪農家の福元氏、そして今でも居残るかどうか迷っている鈴木氏へ のインタビュー。

June 18, 2011
by edmkoz
0 comments

ドキュメンタリー映画「超自然の大地」福島県最初の1週間目から

編ドキュメンタリー映画「超自然の大地」 東日本大震災による福島第一原発事故で放射能汚染の影響を受けている福島県の有機栽培農家、また農家さん達の今年一年、さらに継続して今後何年かの姿を記録するドキュメン タリー映画。 土壌、水、空気を汚さずに多くの野菜、米を育ててきた有機農家の皆さんが、目に見えない放射能汚染とどう取り組んで行くのか?「菜の花を植える、ひまわりを植える、油性植 物を植えることで、汚染された土壌を回復できるかもしれない」最も汚染された土壌を有機的な方法で回復させようと努力を惜しまない東日本の有機農家の家族と農家地域。また 汚染によりその土地を離れねばならなくなった農家さんの今とこれからを、農家さんの視線で長期に渡って追ってゆく。 日本の食の安全を最も大切にし、精神込めてこれまで有機農家としてやってきた方達のこれからの姿に密着し、汚染された土壌やその土地の今後も記録する。 チェルノブイルのように土地を捨てることはこの日本の、また福島で農家を営む方達には簡単なことではない。福島の土地に残り耕し続ける農家の方が直面している長期戦の戦い 。未知数の放射能汚染から土壌を回復させられるのか?またそれには多くの専門知識、また綿密で正確な調査、そして有効な対策を必要とする。それは専門家の立場からの数値で はなく、学者や政治家が出す都合のいい基準値でもなく、農家の方が必要とする土壌や水における真実の汚染の状況。今後米や野菜、果物を育てられる環境にしてゆくための方策 。これらに取り組む福島農家さん達のこれからの姿を長期で追ってゆくドキュメンタリー映画の最初の1週間目の映像から。