ドキュメンタリー映画「超自然の大地」福島県最初の1週間目から

| 0 comments

編ドキュメンタリー映画「超自然の大地」
東日本大震災による福島第一原発事故で放射能汚染の影響を受けている福島県の有機栽培農家、また農家さん達の今年一年、さらに継続して今後何年かの姿を記録するドキュメン タリー映画。

土壌、水、空気を汚さずに多くの野菜、米を育ててきた有機農家の皆さんが、目に見えない放射能汚染とどう取り組んで行くのか?「菜の花を植える、ひまわりを植える、油性植 物を植えることで、汚染された土壌を回復できるかもしれない」最も汚染された土壌を有機的な方法で回復させようと努力を惜しまない東日本の有機農家の家族と農家地域。また 汚染によりその土地を離れねばならなくなった農家さんの今とこれからを、農家さんの視線で長期に渡って追ってゆく。
日本の食の安全を最も大切にし、精神込めてこれまで有機農家としてやってきた方達のこれからの姿に密着し、汚染された土壌やその土地の今後も記録する。

チェルノブイルのように土地を捨てることはこの日本の、また福島で農家を営む方達には簡単なことではない。福島の土地に残り耕し続ける農家の方が直面している長期戦の戦い 。未知数の放射能汚染から土壌を回復させられるのか?またそれには多くの専門知識、また綿密で正確な調査、そして有効な対策を必要とする。それは専門家の立場からの数値で はなく、学者や政治家が出す都合のいい基準値でもなく、農家の方が必要とする土壌や水における真実の汚染の状況。今後米や野菜、果物を育てられる環境にしてゆくための方策 。これらに取り組む福島農家さん達のこれからの姿を長期で追ってゆくドキュメンタリー映画の最初の1週間目の映像から。

Leave a Reply

Required fields are marked *.